一般貸切旅客自動車運送事業・貸切バスの許可取得の方法を説明します。

特定旅客自動車運送事業

特定旅客自動車運送事業
許可基準

  1. 運送需要者
    1. 運送需要者が原則として単数の者に特定されていること(実質的に単数と認められる場合はこの限りではない)
    2. 需要者が運送契約の締結及び運送の指示を直接行い、第三者を介入させないなど、自らの運送需要を満たすための契約であると認められること
  2. 取扱客
    1. 一定の範囲に限定されていること
    2. 需要者の事業目的を達成するために需要者に従属する者を送迎する場合、需要者が自己の施設を利用させることを事業目的として客を送迎する場合など、需要者の負担で輸送することに十分合理性が認められる取扱旅客であること。
  3. 路線又は営業区域
    1. 需要者の需要と整合性のある路線又は営業区域が設定されていること。
    2. 路線については、事業用自動車の運行上支障のないものであること。
  4. 公衆の利便
    申請に係る事業の経営により、 当該路線又は営業区域に関連する他の旅客自動車運送事業者による一般旅客自動車運送事業の経営及び事業計画の維持が困難となるため、公衆の利便が著しく阻害されることとなるおそれがないこと。
  5. 営業所
    配置する事業用自動車に係る運行管理及び利用者への営業上の対応を行う事務所であって、次の各事項に適合するものであること。
    1. 申請者が、土地、建物について1年以上の使用権原を有するものであること。
    2. 建築基準法、都市計画法、消防法、農地法などの関係法令に抵触しないものであること。
    3. 事業計画を的確に遂行するに足る規模のものであること。
  6. 事業用自動車
    申請者が使用権限を有する者であること。
  7. 車庫
    1. 原則として営業所に併設するものであること。併設できない場合は、営業所から直線で2kmの範囲内にあって運行管理をはじめとする管理が十分可能であること。
    2. 車両と自動車車庫の境界及び車両相互間の間隔が50cm以上確保されており、営業所に配置する事業用自動車の全てを収容できるものであること。
    3. 他の用途に使用される部分と明確に区画されていること。
    4. 申請者が土地、建物について1年以上の使用権原を有するものであること。
    5. 建築基準法、都市計画法、消防法、農地法などの関係法令に抵触しないものであること。
    6. 事業用自動車の点検、整備及び清掃のための施設が設けられていること。
    7. 事業用自動車の出入りに支障のない構造であり、前面道路が車両制限令に抵触しないものであること。
  8. 休憩、仮眠又は睡眠のための施設
    1. 原則として営業所又は自動車車庫に併設されているものであること。併設できない場合は、営業所及び自動車車庫のいずれからも直線で2kmの範囲内にあること。
    2. 事業計画を的確に遂行するに足る規模を有し、適切な設備を有するものであること。
    3. 申請者が土地、建物について1年以上の使用権原を有するものであること。
    4. 建築基準法、都市計画法、消防法、農地法等関係法令に抵触しないものであること。
  9. 管理運営体制
    1. 法人にあっては、当該法人の役員のうち1名以上が専従するものであること。
    2. 営業所毎に、配置する事業用自動車の数により義務づけられる常勤の有資格の運行管理者の員数を確保する管理計画があること。→詳しく
    3. 運行管理を担当する役員が定められていることと、運行管理に関する指揮命令系統が明確であること。
    4. 自動車車庫を営業所に併設できない場合は、自動車車庫と営業所が常時密接な連絡をとれる体制が整備されるとともに、点呼などが確実に実施される体制が確立されていること。
    5. 事故防止などについての教育及び指導体制を整え、事故の処理及び自動車事故報告規則に基づく報告などの責任体制、その他緊急時の連絡体制及び協力体制について明確に整備されていること。
    6. 上記②~⑤の事項などを明記した運行管理規程などが定められていること。
    7. 原則として常勤の有資格の整備管理者の選任計画があること。
  10. 運転者
    1. 事業計画を遂行するに足る員数の有資格の運転者を常時選任する計画があること。
    2. 適切な乗務割、労働時間を前提としたものであること。
    3. 運転者は、旅客自動車運送事業運輸規則36条1項各号に該当しないこと。
  11. 法令遵守
    申請者又は申請者が法人である場合にあってはその法人の業務を執行する常勤の役員が、法令遵守の点で問題のないこと。
    1. 道路運送法、貨物自動車運送事業法およびタクシー業務適正化特別措置法等の違反により、下記の表にある基準で、輸送施設の使用停止処分または使用制限(禁止)の処分を受けた者(法人の役員)ではないこと。
      処分の内容処分日
      50日車以下申請日前3ヶ月および申請日以降に
      50日車を超え、190日車以下申請日前6ヶ月および申請日以降に
      190日車を超える申請日前1年間および申請日以降に
  12. 損害賠償能力
    旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運行により生じた旅客その他の者の生命、身体又は財産の損害を賠償するために講じておくべき措置の基準を定める告示で定める基準に適合する任意保険又は共済に計画車両の全てが加入する計画があること。
  13. 申請時期
    許可の申請は、随時受け付ける。
  14. 標準処理期間(許可が下りるまでの期間)
    3ヶ月。

■ 必要な書類へ

運送契約書のひな形

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional